是々流々

Just another WordPress site

自作PC

GeForce GTX 1050 Ti どんなボードが人気かいろいろ調べてみた

更新日:

 GeForce GTX 1050はいずれも,新しいGPUコア「GP107」を搭載するプロセッサである。GTX 1050は640基,GTX 1050 Tiは768基のCUDA Coreを集積する。

「GTX 650比で3倍の性能」が謳い文句になっているが正直比較対象が???である

レビューサイト

GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を試す - ついにGeForce GTX 750 Tiの後継が登場 (1) Pascal世代のエントリーGPUが登場

なのでレビューサイトのリンクを張っておく。

ではどのメーカーの商品が売れているのか見ていってみよう。

ランキング(価格コム調べ)

ブーストクロック:1417MHz メモリークロック:7008MHz

補助電源コネクタはなし

出力インタフェースがDisplayPort×1、HDMI×1、DL-DVI×1

本体サイズがW196×D126×H39mm

安い、かつ安心の国内メーカー品です。やはり一番安いから売れているんでしょうかねぇ?

安さのせいかは分からないがブーストクロックは抑えめ。とはいえパフォーマンスを求めるならばより上位のモデルを選択しているはずなので取り立てて問題はない。

ブーストクロック:1,392MHz データレートが7Gbps(メモリークロック7GHz相当)

補助電源コネクタはなし

出力インタフェースがDisplayPort×1、HDMI×1、DL-DVI×1

本体サイズが約212mm×114mm×38mm

防塵FAN搭載により25%の長寿命。部品取り付けを機械化することで高精度化。

リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能。動画配信ソフト付属。

やはりブランド力の勝利でしょうか?ASUSが二位につきました。

単純に見ても高性能なFANを搭載したり付属ツールが色々付いていたりとブランド力にあぐらをかいているわけではないことが伺えます。

なにげに最大解像度が8kに対応しているのもポイントですね。二位なのはやはり一位との価格差か…

第3位 海外メーカー最安 Palit Microsystems

GeForce GTX1050Ti 4GB STORMX ドスパラWeb限定モデル

ブーストクロック:1392MHz メモリークロック:7000MHz

補助電源コネクタは記述を見つけられず

出力インタフェースがDual-link DVI-D×1/HDMI×1/DisplayPort×1

本体サイズが166mmx112mm 2スロット

海外メーカー最安値。シングルファンの製品が3位です。やはり安さは正義。

しかもボードサイズが166mmx112mmとコンパクトです。

mini-ITXのボードサイズが170mm×170mmなのでボードサイズに収まります。

補助電源は写真を見る限り必要なさそうです。

ブーストクロック:1390MHz データレートが7Gbps(メモリークロック7GHz相当)

補助電源コネクタはなし

出力インタフェースがDisplayPort×1、HDMI×1、DL-DVI×1

カード長145mm

オリジナル静音ファン:S.A.Cシリーズ冷却ファン

海外GeforceメーカーのELSAが4位にランクイン。

こちらもショートサイズでminiITXに装着可能となっております。

第6位 シングルファンのMSI製品

ブーストクロック:1455 MHz メモリークロック:7008MHz

補助電源コネクタはなし

出力インタフェースがDisplayPort×1、HDMI×1、DL-DVI×1

本体サイズが177 x 118 x 34

OCユーリティー Afterburner 付属

5位がASUSの廉価版だったので6位のこちらを紹介。

人気がないのはシングルファンのせい?付属ユーリティーだってASUSと比べて見劣りするものではないのですが…

結果

GeForce GTX 1050 Tiのボードで売れているのは

  • 安いデュアルファンの商品
  • mini-ITXに搭載できる商品

というのがあげられるようです。

デュアルファンはシングルファンと比べて冷却に有利です。なおかつそれでシングルファンより安い商品があれば必然的にそちらが人気になるのも頷けます。

それとGeforceはRadeonと違ってmini-ITXに搭載できるモデルも人気があるようです。

現に3位、4位にそれぞれ付けてますしね。安いしネームバリューのあるメーカーが作っているというのも大きいのでしょうが。

ともあれ調べてみると傾向が違っていて面白かったです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-自作PC
-, ,

Copyright© 是々流々 , 2017 All Rights Reserved.